* love! *

フォーチュンクエスト・デュアンサークの二次創作。現在更新停止。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

BED (FQ SS)

万葉様から頂いたコメントからトラパスSSを書きましたぁ!


以下、万葉様からのコメント抜粋↓

『ブルーハーツの『ラブレター』知ってますか?その歌の歌詞がかなりトラパスにfitしたんです!書き出します

“本当ならば今頃 ボクのベッドには あなたが あなたが あなたが居て欲しい 今度生まれた時には 約束しよう 誰にも 邪魔させない 二人の事を”

特に最初がトラップを彷彿させてかなり大爆笑しました!wどうですか?今ちょっとハマってるんですwトラパス的歌詞を探し出すことにw何だかss意欲湧きません?』


湧きましたwww

ということで、勝手ながらSS書いちゃいました!

ちょっと一部ドッキドキ仕様になってますので、追記からよろしくおねがいしますvvv


※カップリングは嫌だーという方はお戻りくださいませ。
※トラパシストだもの、それ以外のカップリングはどんなシチュであれ許せないわ!という方もお戻りくださいませ。
※トラマリ風味です。あくまでも風味。
※すみません、爆笑モノではありませんw



ではではどうぞ~www








*BED*




どこでどう間違えたのか、わからねぇ。
けれど、今、俺のベットにはあいつではない、違う女がいた。
小さいころから一緒に育った幼馴染が。


「はぁ?何言ってんだ」
「聞こえなかったの?」
「へっ、悪ぃな。最近なんだか耳が遠くてよー」
「まぁ、気持ちわかるわよ」
「だから、何て言ったんだよ」
「・・・パステルとクレイ、ついに結婚することが決まったそうよ」

淡々と話すマリーナの顔は今にも泣きそうに、しかし笑っていて。
愚かな自分を嗤っているんだろう。
そして
それを聞いた俺の顔も同様に、嗤っていただろう、自分を。

どちらが言い出したかわからねぇ。

気がついたら、俺達はそういう関係になっていた。


パステルとクレイが結婚するということは知っていた。
小さいころからの許婚なんだと、クレイから聞いていた。
マリーナもパステルから聞いたと言っていた。
だから俺達は、二人に魅かれないように気をつけていたはずだった。

はずだったのに。

俺たちは揃いも揃って、魅かれたんだ、あいつらに。

マリーナはクレイに。
俺はパステルに。

そして、結果。

今、苦しみを味わっている。


ぽっかりと開いた心の隙間を埋めあうような、中身のない、乾いた関係。
そういう関係であれば、何度でも囁くであろう、囁き合うだろう、そんな言葉は一切交さない。
どちらかが辛ければ、どちらからともなく、ただ求めた。
心はただ

「癒されたい」

そう、願うのみ。

わかっていたくせに。

何度求めても癒されることない心は、次第に何も感じなくなっていった。


むくりと起き上がると、マリーナも起き上がる。
部屋を出る。
「じゃ・・・」
背を向けて、軽く手をあげる。
それ以上の会話はない。
恋人同士なら普通するであろう甘い時間なんざ一切ねぇ。
手をつなぐ?
腕を組む?
キスをする?

そんなの、ありえねぇな。

俺達はそんな関係じゃねぇ。
私達はそんな関係じゃないわ。


家へと帰る途中、ふとマリーナの部屋の窓を見上げる。
電気の点いてない、暗い部屋。

一体、いつ、どこで、どう間違えたのか、俺達は。

こんな関係がいいわけねぇ。
絶対に。
いつか終わらせなきゃならねぇんだ、こんなバカなことは。


足が自然とあいつのアパートへと向かっていた。

深夜2時。
当然、部屋の明かりは点いてはおらず、暗い。
しかし俺の目はいい。

ベランダに佇む女が見えた・・・

誰も見ていないと思っているんだろう、ただひたすらぼぉーっと空を見上げていて。
下から見ていたら、それは、泣いているように見えた。

「パステル・・・」

思わず呟く。
思わず手を伸ばす。
どんなに手を伸ばしても、背伸びをしても、何をしても届かない、そんな
距離。

聞こえたのか、パステルが下を見た。
声の主を探しているようだった。
だが、俺は街路樹の真下に立っていて。
それが邪魔をしているのか、上からでは見えないようだった。

「・・・トラップ?」

あいつの暖かく、それでいて甘い声が俺を呼ぶ。

「トラップなの・・・?」

今すぐ駆け上がって、あいつを抱きしめたい衝動に駆られた。
俺の名を呼ぶあいつは、まるで俺を求めているかのような・・・・
そんな響きが含まれているような気がした。

しかし、それは許されない行為だ。

なぜなら、こいつは・・
パステルにはもう、クレイという婚約者がいる。

パステルの本心はわかなねぇ。
しかし、俺はクレイの本心は知っている。
クレイは、喜んでいた、このことを、心の底から。
ずっと見ていたんだと、両親から許婚のことを聞いて、それがパステルだと知って、とても嬉しかったんだと。
俺にそう、話したから。


「会いたい、会いたいよ・・・トラップ・・・」

上から聞こえる声に、俺は耳を塞ぎたくなった。

今更言われてもどうしようもねぇよ。
嫌だったら断ってれば良かったんじゃねぇか!
少しでも俺のことを想ってくれていたのなら、言ってくれれば良かったんじゃねぇか!

なんで、なんで今更そんなこと言うんだよ・・・

唇を噛みしめて見上げる。
ベランダには顔を手で覆って泣くパステル。


愛おしい。
抱きしめたい。
苦しい。
辛い。


そんな姿をみたら、ただ、そんな感情しか浮かばなかった。


現実は、もう戻れない、どうしようもない。
しかし、俺は約束する。
いつでも俺は傍にいる。
傍にいて、お前を見続けてやる。
現世で無理なら、来世では必ずお前を幸せにしてみせる。
生まれ変わっても俺は必ずお前の傍に行くから。

約束してやる。

誰にも邪魔させない。
させるもんか。

俺はお前の傍に、お前も俺の傍に。


俺はそう、決意して、街路樹からそっと離れ、帰路についた。






end






*あとがき*


万葉さんどうでしょうか?(汗
ハッピーエンド主義者な私には珍しいendになりました^^;
まぁ来世にはハッピーエンドになってるってことでwww
実はこの曲を知らないので、コメントに書いてくださったこの文だけで妄想し書いちゃいました^^;
すみませんn
近いうちに聞いてみたいと思いますvvv

こんなSSで良ければ万葉さん、受け取っていただけるとうれしいですvvv
日ごろの感謝をこめて☆
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

頂きますw 

KITAーーーッ!!wやっぱり湧きましたね?wwフフフ+でも意外でしたねぇ…それはもう色々と!歳近いのかな?って思ったんですが意外と離れてた?;あ、うち姉が2人いるから選曲が違ったのか!?;う~ん、兄弟姉妹って凄い影響力もってますねぇ;にしても…はふぅ~wもう…w間とか言葉のチョイスとか色々素晴らしいです!wwwちょっと切ないけどwちなみ自分は隣にはキットンかクレイあたりを想像しましたwあ、シミターだったら超コワイですねwwwアハ+そして大爆笑vそうだ!良ければまた記載してもいいですか?(°Å°;)では、今日もご馳走さまでしたw
  • posted by 万葉 
  • URL 
  • 2010.08/06 00:24分 
  • [Edit]

万葉さん♪ 

ありがとうございましたーvvv
どうぞ、もらってください!
こんなので良ければ^^;
すみません、爆笑でもトラパスでもなくて^^;
万葉さんってば隣にキットンやクレイを想像されたんですねwww
シミターだったらヤバいですよーww
あ、ギアっていうのもいいかもしれませんwww

自分ではなかなか重い腰があがらなかった新たなカップリングに挑戦できたのでとても楽しかったです。
あ、私がこの歌を知らなかったのは私だからだと思いますwww
私、音楽は好きですが、コレっていうのにハマるとそれ以外聞けなくなるんで、その時流行ってた歌とかってホント知らないんですよー^^;
だから今もそうですw
スマップとか嵐の新曲とか西野カナちゃんとか全然わからないし歌えませ~ん^^;

できるかはわかりませんが、またお題提供お待ちしておりますw
あ、それともう少ししたら素敵なお知らせがございますので期待していてくださいませ!
というか、私が期待してますwww
  • posted by tomo西村 
  • URL 
  • 2010.08/07 09:45分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

西村とも

Author:西村とも
現在更新停止中。
詳しくは「ごあいさつ」にて。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。