* love! *

フォーチュンクエスト・デュアンサークの二次創作。現在更新停止。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

【トラ誕】本当に欲しいものは

お久しぶりございます、西村です。
トラップが誕生日らしいので久しぶりに戻ってきましたらカウンターが1万超えておりまして、びっくりしました^^;
ありがとうございます!
すみません、絶賛放置プレイ中ですw


久しぶりのFQ
久しぶりのトラパス
久しぶりの二次創作

というよりももう普通に久しぶりのNL・・・www



誰だお前・・な感じの30分tomoクオリティです。







【本当に欲しい物は】





「トラップー!!今日は朝から出掛けないでって言っといたじゃない!どこ行ったよー!!」


窓から漏れ聞こえてくる怒鳴り声に、慌てて窓の桟から屋根に飛び移る。
庭にいるノルと目が合ったが、すぐに口に人差し指を当てれば、わかったと首を縦に振った。
それに満足した俺は、すぐに傍の木に飛び移ってそのまま街のほうへと向かう。

こんな日に、ゆっくりなんかしてられるか

俺はすぐに街を突っ切り、近くの森に逃げ込んだ。


今日は5月3日。
俺の誕生日だ。

この歳になって今さらだから、別に誕生日が来たからってなんとも思わない。


・・・というのは嘘で、やっぱりこの日はそわそわしてしまう。

シルバーリーブにいれば、誰かしらがやってきてしまう。
親衛隊の誰かが誕生日おめでとうと何かしらを持って。

嬉しいことに、俺やクレイには親衛隊というものがある。
彼女らは盗賊という職業の面で便利な一面もあるから、どうしても無下に扱うことはできない。
できないが鬱陶しいと思うことも多々ある。

誕生日を祝ってくれるのは嬉しい。
しかし、それだけで終わらないのは知っている。

あいつらが、パステルをどう思っているのか

俺は知っている。


パステルは今日俺の誕生日を祝ってくれるんだろう。
仲間の皆と一緒に。

だからこそ
だからこそ俺はギリギリまであいつから離れていなければならない。


見られたくない、見せたくない


「くそっ」

目についた手頃な木によじ登ってすぐ俺は大きな枝に寝転んだ。
そして幹を叩く。
どっしりした木は、そのくらいではビクともしなかった。


自分の誕生日に
自分の好きな奴と一日中一緒に過ごす

それが今年も叶いそうだったのに、ダメになった。

幸運なことに、想いは通じ合っていないが好きな奴に祝ってもらえる環境にあるのだ、俺は。
だから昨年も、そのまた前も、俺は祝ってもらった。一緒に過ごした。


「あーめんどくせぇ!!」

帽子を顔に乗せて目を閉じても、眠ることはできない。

親衛隊のせいで、今日は一日一緒にいることができないのだ。
だからこそ、余計に期待してしまう。

夕飯は何だろうか?
プレゼントは、あるのだろうか?

と。

イライラむかむかする気持ちと、そわそわわくわくする気持ちが、複雑に同居してしまっている俺の心は


「あー・・くそっ」


自分でも手に負えるもんじゃなかった。




夜、きのこ狩りから戻ってきたキットンに偶然見つかり叩き起こされるまで
俺はもやもやした感情とずっと戦う羽目になってしまったのは言うまでもない。


もちろん、帰ったらパステルたちが作ってくれた料理が並び、皆から、もちろんパステルからプレゼントをもらって内心大喜びしたのも

言うまでもないことだったが。






...end



スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

西村とも

Author:西村とも
現在更新停止中。
詳しくは「ごあいさつ」にて。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。